PayPalとMisoca(みそか)が提携 〜Misocaで発行した請求書をオンラインで決済可能にし、共同キャンペーンも開始〜【PR】

  • 2014/7/17

【本記事はスタンドファーム株式会社様からのプレスリリースです】

PayPal Pte. Ltd.(本社:シンガポール、東京支店 カントリーマネージャー:エレナ・ワイズ(Elena Wise)、以下「ペイパル」)とスタンドファーム株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役:豊吉隆一郎 以下スタンドファーム)は、「PayPal(ペイパル)」と「クラウド請求書管理サービスMisoca(みそか)」において2014年7月17日から決済連携を開始しましたのでお知らせいたします。あわせてキャッシュバックキャンペーンも開始いたしました。

今回の提携により、Misocaユーザーは、作成した請求書にペイパル決済を追加できるようになります。この請求書をメール受け取った支払側は、メール内のURLをクリックし、請求内容を確認した後、ペイパルにて支払ができます。決済が行われると双方にメール通知がされ、請求書の入金消し込みが自動でされます。

請求側のメリット

  • 入金確認が不要
  • 入金の早期化(ご自身のペイパルアカウントからから金融機関への入金は通常3〜6営業日)

支払側のメリット

  • 高い安全性 — ペイパルに登録したカード情報が先方に開示されないため、情報漏洩のリスクがありません。
  • ペイパル経由で支払っても、クレジットカードのポイントが貯まる

この提携に関してスタンドファームの代表取締役 豊吉隆一郎は次のように述べています。「現在Misocaでは毎月10億円以上の請求書が作成されており、数万通が発行されています。請求書の発行についてはMisocaで効率化できていると感じている一方、決済や入金消し込みは未だフリーランスや中小企業の課題として残っています。今回のペイパル決済の導入で請求後の決済・入金消込・入金の早期化といったメリットを提供し、請求業務の電子化・効率化を加速させていきます。」

また、今回の機能提供を記念して新規のペイパルユーザー様にキャッシュバックキャンペーンを開始いたしました。これはキャンペーン期間中に新規にペイパルビジネスアカウントを開設して、Misocaで発行した請求書のお支払いをペイパルで受け取った法人または個人を対象に先着で500円をキャッシュバックするというキャンペーンです。

キャンペーンの詳細

http://www.misoca.jp/paypal_payback_campaign

決済機能に関する詳細

開始日: 2014年7月17日
対象: Misoca、ペイパルに登録しているユーザー様(いずれのサービスも登録は無料)
設定方法URL: http://www.misoca.jp/help/paypal

ペイパルについて

ペイパルが提供するあらゆるサービスは、ビジネスをする売り手とお客さま(買い手)を中心に考えられています。米国で1998年に設立して以来、ペイパルはデジタル決済の変革の最前線に立ち、ペイパルを利用するお客さまが直接自分のお金を管理できるソリューションを提供しています。イノベーションを通して当社は、世界203の国と地域で、26の通貨 (※1) に対応し、1億4,800万を超えるアクティブアカウント (※2) の利用者の生活をより良いものにし、1日に900万件を超える決済を取り扱い、より速くより安全な支払い・受け取り方法として利用されています。買い手の金融情報を売り手に共有することなく、クレジットカードや個人の銀行口座を使い柔軟に支払いや送金を行うことができるサービスを提供しています (※3) 。

詳細は www.paypal.jp をご参照ください。

(※1) 日本では22の通貨に対応しています。
(※2) 過去12ヵ月の間に1度以上利用したペイパルアカウントを指します。
(※3) 日本では個人の銀行口座からの支払いと送金には対応していません。

各データについてはすべて当社調査によります。
PayPal および PayPal ロゴは、PayPal もしくはそのライセンサーの商標または登録商標です。

請求書管理サービス「Misoca」について

当社は「情報技術を駆使し物事を飛躍的に効率化する」をミッションにクラウドの見積・納品・請求サービス「Misoca(みそか)」を2011年11月より運営しております。開始より1通からオンラインで郵送できるという点がフリーランスや中小企業を中心に好評を得、2014年5月の時点で13,000以上の事業者が登録しております。

13,000以上の事業者(2014年5月)が登録しているクラウド請求書管理サービス。
オンライン上の操作だけで、Misocaが紙の請求書を印刷・郵送する郵送代行機能を提供しており、 既存の郵送作業にかかる時間的コストを削減します。
URL: http://www.misoca.jp

スタンドファーム株式会社

本社住所: 愛知県名古屋市東区泉1-11-6 ミソカビル2F
設立: 2011年6月2日
資本金: 18,035,015円
代表者: 代表取締役 豊吉 隆一郎
URL: http://standfirm.jp

本件に関するお問い合わせ先

スタンドファーム株式会社/担当 豊吉 隆一郎 (info@standfirm.jp 052-265-6417)

引用元:PayPalとMisoca(みそか)が提携 〜Misocaで発行した請求書をオンラインで決済可能にし、共同キャンペーンも開始〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 近年、日本企業の海外進出の増加に伴い、公認会計士を始めとした士業にもグローバルな知見が必要とされるよ…
  2. 求人用thumb
    2016年1月1日~12月31日までの監査法人IPOランキングをまとめました。 2016年のI…
  3. 去る2016年9月28日(木)、秋葉原の弥生株式会社本社にてプレスを対象とした弥生ラウンドテーブ…
  4. 本日より3日間に渡り、平成25年度(第63回)税理士試験が行われています。公認会計士試験受験生のみな…
  5. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…
  6. 本日、平成26年度修了考査の合格発表が行われました。 本年の合格発表に関する概要は下記の通りです。…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る